DHAとEPAは健康的なさらさら成分
Show MenuHide Menu

サプリメントは飲み合わせが悪くないかを注意

2012年10月10日

食品や薬の場合と同じように食べ合わせの悪い組み合わせというものが、サプリメントを利用する時にはあるのでしょうか。

よく昔から言われる食品の食べ合わせは、天ぷらに冷たい飲み物、鰻と梅干などの組み合わせではないでしょうか。

薬を服用する際も、タンニンやカフェインの影響があるお茶やコーヒーと一緒に飲むと薬の効果が半減するなどといわれます。

サプリメントにも、やはり食べ合わせの悪い食品というのがあるそうです。

鉄分やミネラルを含むサプリメントも飲む時には、水か白湯にして、お茶やコーヒーなどでは飲まないほうが良いようです。

可能性として、お茶に含まれるタンニンが鉄分などと化学反応を起こしてしまうことがあります。

食品の中でも卵や肉類などのたんぱく質を多く含むものを摂取したときは、植物繊維系のサプリメントは時間を空けて摂取するようにしましょう。

食物繊維の性質には、栄養素の吸収を抑えて、消化吸収にかかる時間を遅くするというものがあります。

食べ合わせる食品に注意が必要なのは、せっかくのサプリメントも体内に吸収されにくくなってしまうからです。

サプリメントを飲む時はアルコールでは飲まないようにしましょう。

サプリメントの表面がアルコールで呑むとアルコールの成分で溶けてしまい、必要な栄養素が腸まで届く前に溶けてしまって、十分に吸収されないこともあるといいます。

両方をうまく組み合わせてサプリメントと食品を摂取する事で、十二分に本来の目的を発揮させることもできるので、食べ合わせも考慮しながら上手に利用するように心掛けることをおすすめします。