DHAとEPAは健康的なさらさら成分
Show MenuHide Menu

機能性食品

2012年10月10日

機能性食品や栄養補助食品は、健康食品の中でも特に不足しがちな栄養素やミネラルなどの配合を強化した食品です。

もともとは健康食品ブームに伴う粗悪品と区別するため、機能性食品という制度ができたそうです。

長寿化と高齢者の増加で健康意識が近年の日本では高まり、とても健康食品に注目が集まりました。

その一方の意味合いとして、誇大広告が横行したため歯止めをかけるというものがあります。

健康食品の中には、ダイエットできるとか血圧の病気に効くなど薬品と間違えられる表現をするものが規制前には多かったようです。

非常に高額な商品を売買する業者も多く問題となっていました。

薬は通常病気には効くが副作用もあるので、必要となるのが飲み方や用量の規制です。

どんなものに効果があるのか、根拠や実績データがしっかりとあり、薬の効き目を効能として宣伝することが可能なのです。

機能性食品はどんなに多く服用しても、体内に吸収されずに排出されることもあるので、副作用はあまりないといわれています。

そのかわりに科学的には確実な健康に対する効き目も証明されていないので、具体的な効能を機能性食品について宣伝することは禁止となっています。

機能性食品や栄養補助食品と、健康食品の中でも表示している商品は原則として一定の栄養素が含まれていなければなりません。

粗悪品があまりないという意味で安心です。

薬品ではないけれども機能性食品よりもより効き目が期待できる商品といえるのは、一定の健康に対する効果を認められている特定保健用食品であればこそなのです。